TODAN KARYO 冬暖夏涼

アントールの冬暖夏涼

冬は寒いし、夏は暑い日本。
この国で冬暖かく夏涼しく暮らすために、私たちは大量のエネルギーを使い続けてきました。

それでいいでしょうか。
「それじゃいけない」と地球が警鐘を鳴らしています。
私たちだってもう気づいている。いまのままでは、青い空がいつか見られなくなるかもしれないことを。

電気もガスも石油も、本当はもっと節約できる。
ガマンすれば、もっとエコに暮らすことだって可能。
だけど、便利で快適な生活を手放したくない…。

そんな複雑な思いを受けとめて、考えて、アントールが出した答えー
それが「冬暖夏涼」という住まいです。

風をいかす。<通風・創風>
光をいかす。<太陽光発電>
暖を逃さず。<省エネ性能>

自然のチカラを借りながら
科学で解析し、技術と経験で実現した、地球にも人にもおサイフにもやさしいライフスタイル。

いま目の前のことだけじゃない。
「冬暖夏涼」が見つめているのは、未来につづく幸せです。

風をいかす

アントールの冬暖夏涼

省エネなどの観点から住宅の高断熱・高気密化が進んでいます。ところがこうした住宅では、熱い時期に窓を閉めきると熱が建物内にこもってしまいがちで、エアコンをフル稼働させて冷却するという、省エネとはほど遠い結果を生んでいます。
そこで、「冬暖夏涼」では、エネルギーを使う機械装置にはできるだけ頼らずに、風を科学し、窓のサイズや種類、配置などをデザインして風を利用する「通風・創風設計」を採用しました。

創風

アントールでは、自然の風を利用して室内に風取り込むことを「通風」、風がないときでも空気の流れを創り出すことを「創風」と呼んでいます。風があるときの通風設計は一般的ですが、アントールのこだわりは、風がないときの「創風」です。
「創風設計」では、あたたかい空気が上にあがる性質を利用した「温度差換気(重力換気)」を用いてやさしい空気の流れを創り出します。たとえば就寝中など、個室のドアが閉まっていても部屋ごとに風が通るように設計します。

通風x創風

自然の力を存分に活用すれば、エネルギーの消費量は大きく減らせます。アントールでは、豊富な実績と最新の技術をもとに、「通風」と「創風」を効率良く組み合わせた窓設計を行います。
お客様お一人お一人に向けて「窓の開け方提案シート」もご提供、光熱費が節約できる窓活用プランをご紹介します。

小さな風を存分に生かす

高気密・高断熱住宅では、換気が不十分なために起こるシックハウスアレルギーやハウスダストの問題が増加しています。そこでアントールは「通風」「創風」に加えて「採風」という換気法をご提案しています。「縦すべり出し窓」を活用するもので、家の脇を通る風を障子部分で受け止め、効果的に家の中へ呼び込むことで通風量を確保します。

光をいかす

太陽光発電

「冬暖夏涼」には、太陽電池を使って太陽の光を電力に変える 「太陽光発電システム」が標準装備されています。発電時にCO2を出さないクリーンなエネルギーは、地球にやさしい生活をもたらすと同時に、電気代も節約してくれます。
太陽光が降り注ぐ日中はこのシステムで電力をまかない、余った電力は電力会社に売ることもできます。太陽が出ていない時間は従来のように電力会社から電気を買うことになりますが、すべて自動でやり取りされるので何の操作も必要ありません。

電力見える化システム

電化製品の消費電力がひと目でわかる「電力見える化システム」を導入。
詳細な消費電力データが専用タブレットに表示され、より効果的な節電ができると同時に省エネ意識の向上も促してくれます。機器それぞれのリアルタイムの電力消費量はもちろん、1時間ごと、1か月ごと、各部屋ごとといった様々なデータがタブレットで確認できます。
グラフや図表などで提示されるため大変分かりやすく、操作も容易です。

暖を逃さず

省エネ性能

風をいかす「通風・創風設計」とともに、「冬暖夏涼」の快適構造を強く支えているのが、きわめて高度の「省エネ性能」です。
冷暖房がよく効いて、エネルギーのムダ使いしない家。
寒い季節でも家じゅうの室温がほぼ均一で、結露のない家。
そんな快適な住まいをおとどけするために、アントールでは最先端資材を厳選。
最高ランクの「省エネ対策等級4」に相当する断熱性・遮熱性を実現します。

約束の家づくりについての資料請求はこちら もっと詳しく知りたい方はこちら